感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスレティックトレーナーという資格
スポーツ選手に関わる職として、「トレーナー」という職種の人間がいることが、
近年は一般に方々にも知られるようになって来ています。
選手・アスリートの疲労回復に、
怪我のケアに、マッサージしていたり、
アイシングをしていたり、
テーピングをしていたりしている映像をテレビで見たり、
実際のスポーツ現場で見る機会があるからです。
スポーツ好きの高校生の就きたい職業あるいは興味ある職業として、
割合に人気があるようです。

ところが、その名称は、
ある時はただの「トレーナー」、
またある時は「スポーツトレーナー」、
またある時はこのブログのように「アスレティックトレーナー」という名称が使われ、
正式にはどんな名称の職なのかわかりにくいかも知れません。

はっきりと言うと、日本での正式な名称は無いと言っていいでしょう。
そして、その職につくのに必要な「資格」というものも、統一されていません


国が認める「国家資格(免許)」はありませんので、
民間団体(ひどい時には個人)が認定・授与する資格しかなく、
しかも一本化されていないので各々の違いがわからないし紛らわしく、
何よりも世間一般の人々はそのような事実さえ恐らく知らないでしょう

私の家の近郊でも、広告や実際に看板を目にした例で、
「スポーツトレーナー」を養成するとか資格を取れるとか
うたっている学校?(個人経営の塾程度の規模)がありますが、
はっきり言ってそんなところで与える「資格」は社会的に通用しません。


先に「国が認める国家資格は無い」と書きましたが、
(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナーというものがあります。
これは日本体育協会が行なっている
「スポーツ指導者」養成事業の一環で養成・認定されている資格
です。
この資格は、財団法人日本体育協会という、
国民の健康増進・体力向上を推進するための事業を行って来た歴史を持つ、
公共性・公益性と信頼性の高い団体が養成・認定する資格であること、

またこの事業では先に「公認スポーツドクター」を養成・認定してきたり、
各種のスポーツ競技の「指導員」や「コーチ」、
一般の方により身近な「スポーツプログラマー」など
さまざまな「指導者」を養成・認定してきたという実績があるので、
「アスレティックトレーナー」に関して
今日本で最も信頼のおける資格と言えるでしょう


日本体育協会で養成・認定しているスポーツ指導者

日本体育協会公認アスレティックトレーナー(日体協AT)の役割
  スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防、
 スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、
 コンディショニング等にあたる。


平成19年10月18日現在、日体協ATの総数は全国で997名、
そのうち群馬県では10名しかいません。
ちなみに私も日体協公認アスレティックトレーナーで、
この資格の認定の第1期生で、したがって群馬県初めての日体協AT取得者です。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。