感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニア人ランナーの身体の特徴
前回は、世界一流ランナーの筋肉の『質』について
感じていることを書きました。
ワンジル選手の筋肉も、特殊ではないと
私は信じています。

では、日本人ランナーと違っているところはないのか?
違っているとしたら何が違うのか?

これについては、ケニア人ランナ-を観たことがある人なら、
想像できる範囲のことではありますが、
やはり、筋肉の付き方が違う、体型が違うと言うことは、
はっきりとした特徴と断言できるでしょう。

日本人ランナーに比べて、
ワンジル選手始めケニア人ランナーは、
肩や臀部や太腿の付け根、体幹の筋肉にボリュームがあります
。         ※1
つまりは、そうした部位の筋をよく使って走っているということです。
これらの部位をマッサージすると、
表層の大きな筋は、割合に短時間で柔らかくほぐれてきます。
ただし、深層の小さい筋群は、硬くなっていると、               ※2
そう簡単にはほぐれないこともあります。

一方、膝下(下腿)や肘から先(前腕)は細く長い形状をしています
こうした筋の付き方、身体の形状の特徴は、
股関節や肩などの大きな筋力を発揮できる部位で、
ランニングの為のより大きなパワーを生み出し

体幹はしっかりとした筋により安定性が高く
それによって股関節と肩のパワーを上肢・下肢の間や
地面と身体重心の間で効率よく伝えることができ、
膝や肘の先は長く軽量化することで、
脚の先端の回転スピードやパワーを上げやすくなってます

つまり、このようなケニア人ランナーの身体の形状は、
エネルギー効率のよいランニングを可能にする特徴をもっていると言えます。


※1 臀部の筋
臀部(お尻)の筋とは、表現を変えれば股関節の後方にある筋群のことで、
股関節の伸展、外転などランニングにとって最重要な働きをする。


※2 深層の小さい筋群
股関節の後部には梨状筋など、小さいが大切な働きをしている筋群がある
これらの筋は、全て股関節の外旋運動を担っている。
これらの筋が疲労などで硬く短縮すると、
股関節は外旋したままで、内旋しづらくなる

つまり、つま先・膝が外向きのままになりやすい。
仰向けに寝て脱力した時、つま先が外に開き、
座って脱力した時、膝から外向きに開きやすくなる。
これは、良い兆候ではない。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。