感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ランナー病?
私は、約6年前から、ヤマダ電機女子陸上競技部という
実業団のチームと関わっています。
それまでは、陸上競技では私の出身大学の陸上競技部と
いくつかの高校の陸上部の部員を見ることがありましたが、
個人ではなくチーム単位でのまとまった人数の社会人を
継続してみる機会はありませんでした。

そうして何年も同じ選手を継続して見ていると、
それまで気づかなかったことに気づくことがあります。
(気づいて気になっているだけで、単なる誤解かもしれませんが。)
その一つに、冬期にマッサージをすると、
途中から『鼻がつまる』という選手が少なからずいる
ということがあります。

チームの選手たちの顔ぶれは、年々少しずつ変わっていきますが、
同じ選手を3~5年(今のところ)見続けることができます。
すると全対象選手(全員をみている訳ではない)の1/3くらいの選手が
鼻がつまると言いました。
そして、鼻がつまるという選手は、何年経っても
やはり冬にはマッサージ中に鼻がつまると言います。

ところで、自然に鼻がつまった時には、前腕の筋(きん)が強く張っていて、
それをよくマッサージしてほぐしてやると鼻づまりが軽減ないし解消します

腕(上肢)の筋や脚(下肢)などの筋の緊張はその部位のみの問題ではなく
身体の他の部位の筋の緊張状態に関わっている
と思っています。
そして、筋の緊張はその筋およびその筋の先(抹消側)の血流にも影響するので、
筋の緊張の解消は血流の改善に働きます

手足などの抹消の血液循環の改善は、そのまま全身の血液循環の改善にプラスに働きます。

そこで、私はマッサージ中に鼻がつまるのは、
マッサージによって血液循環が促される一方、
頸部や頭部からの血液還流がスムーズにいかない時、
すなわち血液循環の改善が十分でない(特に頭頸肩)時に
副鼻腔などでうっ血が起こり、これが鼻づまりの原因ではないかと考えました。
(それ以外には空気乾燥が関わっているのですが、、。)

このような仮説に立てば、私のマッサージ&ストレッチング(時々鍼)という施術により、
選手の全身の筋コンディションが改善し、全身の血液循環が改善すれば、
鼻づまりが解消する、あるいは起こらないのではないかと考え、
私自身の施術の効果判定の一つの目安として
鼻づまりを無くす』ことを目指しています


ヤマダ電機女子陸上競技部の選手をみるようになって丸6年が経とうとする昨年末、
やっと一人の選手が冬のマッサージ中の鼻づまりが治まりました。
この選手は長く不調に陥っていましたが、最近体調が回復しつつあり、
私が施術していて体調が改善してくる手応えを感じている選手でもあります。
私が施術できる間の数回で、鼻づまりを起こさない状態で安定させられるのか、
そして、彼女だけでなく他の選手にも鼻づまりを解消させられるか、
今が正念場と感じています。
(いつも正念場みたいなもんですけど。)                      ※1


さて、このような(女子?)長距離選手の冬期のマッサージ中の鼻づまり現象を、
私は密かに『ランナー病(笑)』と呼んでいます。
(女子?)長距離ランナー達に関わる他のトレーナーの方々は、
そんな現象の存在を認めていますでしょうか?
それとも、ランナーに限ったことではないのでしょうか?
あるいは、ヤマダに特有のことで、他のチーム・ランナーには見られないんでしょうか?
(心密かに『吉岡(地名)病』あるいは『ヤマダ病』である可能性も疑っています。)


※1 いつも正念場みたいな

この表現は、選手に対していっている訳ではなく、
私の心理について言っている。
まあ、選手の方も実業団で何年もやっていれば、
「今が正念場。」と思うことが何度もあったであろうとは想像するけど、
それはあくまでも私の想像であって、
選手のことを勝手に「正念場」などと表現しようなどという意図はない。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

スポンサーサイト

テーマ:スポーツ医学・コンディショニング - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。