感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出 アメリカンフットボール(東京ガス)
昨日の記事に書いたように、
東京町田で開業していた頃の話です。

開業1~2年目の頃で、
時期は冬の1~2月頃だったかと思います。
仲介して下さる方がいて、
アメリカンフットボールの試合に行って、
主に選手のテーピングをするという仕事をしました。
私は、ほとんどアメリカンフットボールに関わったことは
ありませんでした(今もですけど)。

アメフトは激しい身体接触がある競技なので、
足首(足関節)や膝の捻挫(靭帯損傷)も多く発生します。
これらのケガには、応急処置の時だけでなく、
予防・再発予防にもテーピングが力を発揮します。
アメリカのプロフットボールリーグ(NFL)では、
確か試合前にケガの予防のために
テーピングが義務づけられていたと思いますが、
その頃でも日本の社会人リーグにおいても
テーピングが義務づけられていたのかも知れません。
とにかく責任は重大でした。

その、ほとんどテーピングをするだけという仕事の依頼主に、
東京ガスのアメフトチームがありました。
そのシーズン、東京ガス関東社会人リーグに優勝し、
より上位の東日本社会人リーグ2部との入れ替え戦出場を決めていました。
そして、その入れ替え戦の試合前のテーピングを依頼してきたのでした。

朝、試合会場となる千葉マリーンスタジアムへ行き、
そこで初めて東京ガスの関係者に会いました。
早速、選手達と一緒にスタジアムに入り、
ロッカールームでテーピングを始めました。

とにかく、次から次へと選手が入れ替わり、
選手一人ひとりにテーピングをする部位と
どんな巻き方を希望しているのか、
あるいはけがをしている選手にはどんな症状があるのかを聞き、
その状況に合わせた巻き方を考えてテーピングをしました。
頭の中はフル回転で考え、
それと共に手もできるだけのスピードで動かしました。
足首のテーピングがほとんどでしたが、
足首が太い選手と細い選手とでは全くテープを巻く角度が異なり、
かなりの集中力を要求されました。

選手も終わり近くになった時、
足首にケガを抱えているために足首を深く曲げると痛むという
ワイドレシーバーの選手が来ました。
そこで、足首が深く曲がりすぎないように制限しつつ
必要なだけ足首は曲げることができるがよう工夫して
テープを巻きました。
テーピング後のチェックでも
全く痛みがでないことを確認できました。
こうして、何とか無事全選手のテーピングを終えることができました。
後は、試合中のアクシデントなどに対応するよう、
待機してゲームを見守りました。

さて、この日の入れ替え戦は、
東京ガス東日本リーグへの昇格を、
相手チームは東日本リーグへの残留を賭けた試合でした。
東京ガスは相手にリードを許すも、
接戦で終盤を迎えました。
そして、第4クオーターの残り時間もわずかになった時、
1点差に迫るタッチダウンパスを決めました。
この時タッチダウンパスを受けたのは、
あの足首にケガを持つワイドレシーバーでした。

タッチダウンの後は、
さらに相手ゴール前で1回の攻撃のチャンスがもらえ、                ※1
通常キックでゴール(フィールドゴール?)して1点を加えられますが、
この時東京ガスは1点を追加して同点出終わったのでは、
相手チームが残留し東京ガスは昇格できないことになっていました。
そこで、東京ガスはキック(フィールドゴール)での1点ではなく、
タッチダウンでの2点を狙わざるを得ませんでした。
それは、大変難しいことなのです。
そして、東京ガスは、その難しいトライに成功し、
タッチダウンパスを決めて逆転し、
東日本社会人リーグ昇格を決めたのでした。
そして、最後のタッチダウンパスをキャッチしたのも、
あのワイドレシーバーの選手でした。

自分の仕事が上手くいったという喜びと、
朝来る時には思いもかけなかった劇的なシーンに立ち会えた感動は、
今も心に残っています。


※1 タッチダウンの後、相手ゴール前で1回の攻撃のチャンスがもらえる

トライフォーポイントとかポイント・アフター・タッチダウンと言う(そうだ)。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:アメリカンフットボール - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。