感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーピング講習(第一回) in 群馬県消防学校
4月29日(木)、群馬県消防学校テーピング講習をやってきた。
全5回7時間の初回で、3時間を頂いていた。
何しろ、93名に教えるのである。
足関節内反捻挫肉離れ(大腿)のテーピングを予定していたので、         ※1
3時間でも不安があった。

実際には生徒1名が家庭の事情で欠席し92名だったが、
結局は足関節テーピングのみで終わった。
簡単にテーピングについて基本知識を教え、
全員にテープ類を配って実習の準備ができた時点で、
40分以上が経過していた。

第2回からは1時間ずつの授業時間の予定なので、
この初回にテープの扱い方やテープの剥がし方までを含め、
基本的な技術を教えておきたいと考えていた。
そこで、まずはテープの持ち方引き出し方切り方
何回も練習させた。

その上で、足関節テーピングアンカーの巻き方だけ
練習させた。
二人組で手首、前腕、下腿に巻く位置を変えながら、
交代でひたすらアンカーの練習をさせた。
その際、生徒の間を巡回をしたのだが、
通路が狭くて移動に無駄な時間がかかったので、
次回以降机(長机)の向きを斜めにさせるなど工夫したい。

アンカーの練習だけで最初の1時間が過ぎ、
一旦休憩を入れた。
この時点で、肉離れのテーピングはほとんど諦めた。

休憩時間に、数名の生徒が足や膝の相談をしてきた。
話を聞くと、ランニング(10km)をやらされた後、
痛みを生じたらしい。
この日の午後にもラン二ングが予定されているという。
(5月にはマラソン大会?があるらしい。)
そこで、休憩後には、一旦アイシングの説明をした。                ※2

ここで、一旦生徒を一人モデルにして
足関節内反捻挫テーピングを実演してみせた。
(ビデオカメラをプロジェクターにつないで
スクリーンに投影して観られるようにした。)
生徒には、配布した資料(テーピング連続写真)を観ながら、
やり方を確認させた。

その後、また二人組で
アンカースターアップホースシューまでを練習させ、
その間生徒の間を巡回した。
全員に一人最低2回は繰り返すように指示し、
1人1回は私が出来映えをチェックしアドバイスするようにした。
次いで、フィギュアエイトヒールロックのみを
ホースシューまでと同様に練習させた。

残り30分ほどになっていたので、
足関節内反捻挫のテーピングを初めから終わりまで通しで、
お互いに左右両方の足関節にテーピングするように指示した。
これも巡回し、できるだけ多くの組みのできばえをチェックし、
アドバイスを行なうよう心がけたが、
生徒自身もお互いに評価し合うこと、
見栄えだけでなくテーピングされた足で立って
その感覚での評価も行なうように指示した。

何度も生徒のテーピングの出来映えを視認したので、
上手くできた者はその場で褒め、
そうして褒められた者やお互いの評価で上手くできた者を
挙手で確認させ、
そうした上達の早かった者には他の者に積極的にアドバイスするよう、
また周りの者は上達の早い者に積極的にアドバイスを求めるよう指示した。
上達の早い、筋の良い者は”テーピング実技リーダー”として、
私の補助役を担ってもらい、
今後残された講習で活かすつもりである。

この日は、ホワイトテープ(非伸縮性)のみで、
形状が複雑で難しい足関節テーピングを徹底したことで、
かなりコツを掴んだ生徒がいると思うし、
全体の理解度や上達度も良かったと感じている。
これ以後のテーピングはもっと単純なのものや
エラスティック(伸縮性)テープを利用するので
どんどん発展的に学ばせることが可能になると期待している。



※1 足関節内反捻挫テーピング

具体的な方法は、いろいろとバリエーションがある。
私が採用して教えた方法と若干異なるが、
参考になるサイトがある。
 Esport-Japan.com
アンカースターアップホースシューフィギュアエイトヒールロックなどの
個々の基本的巻き方も参照のこと。


※2 一旦アイシングの説明をした

挙手で調査したところ、
ランニング後に下肢に痛みを生じた者が1/3以上いた。
ほとんどは単なる筋肉痛であろうが、
相談してきた生徒達のように明らかなランニング障害の起きた者もいた。


 
↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください


スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。