感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーナーの目指すところ
トレーナーと言う仕事は裏方ですが、
時々目につくことがあります。

それは、選手をマッサージしている場面だったり、
選手にストレッチングをかけているところだったり、
選手にテーピングしているところだったりと、
選手に絡んでいる場面が目につくわけです。

そして、それが有名な選手であったり、
プロのリーグや大会、オリンピックなどのビッグイベントで
活躍した選手であれば余計目立つわけですが、
マスコミによって、
そんな選手と対等に話してい手いる場面や、
叱ったり励ましたりしながらリハビリを行わせたりする場面や、
たまに「選手の活躍の陰に◯◯トレーナーの存在あり」
みたいな紹介のされ方をするのを見れば、
「かっこいい~!」という風に思ったり憧れたりする若者も出てくるでしょう。

しかし、トレーナーは、やはり裏方なので、
そんな風に「かっこいい陽の当たる存在」として憧れない方がいいと思います。
「かっこいい陽の当たる存在」になりたい人は、
トレーナーには向かない
と思います。
トレーナーは、あくまでも選手やチームという輝く存在を支える黒子で、
自分から輝きを放つ存在ではないのです。
トレーナーにスターはいないのです。
トレーナーの間で、尊敬される存在、憧れられる『スター』は
いるかもしれませんし、いても良いでしょうが。)
特定の個人のトレーナーに注目するより
>トレーナーという専門技術職集団の存在に注目して欲しいと思います。

さて、トレーナーは自ら輝かないということは、
輝く『スター』選手やチームについていることが、
自らに光を当てる唯一のチャンスかもしれません。
という事で、
やはりプロのチームや選手の専属トレーナーになることを夢見る
トレーナーの卵は多いかもしれません。
しかし、トレーナーの仕事は、
基本的には対象とする選手のレベルに関係なく同じ
です。
トレーナーの仕事の重要性や存在意義が、
対象とする選手のレベルの高低によって変わる事はありません

どんなレベルの選手が相手であっても
決して陽の当たることのない選手が対象であっても、
トレーナーとしての職務に全力で当たらなければなりません。

私は県内の陸上競技大会で大会トレーナーを務める事があります。
トレーナーとしての私を訪れる選手は、
皆怪我をしたりどこかを痛めたりした選手です。
同じような時間帯に数人の選手かが訪れた時、
どんな順序で処置していけば良いのでしょうか?

私の場合、特に症状の重い者を最優します。
例えば、熱中症と思われる選手や大きな怪我が競技中に発生したら、
他の選手の処置中でも中断して駆けつけます。

それほど重症でない場合は、
次の競技までの時間の迫っている者から順に診ます。
重い症状の者ほどじっくりと時間をかけます。
軽い症状の場合だったら、
氷を渡してアイシングをどのようにするかと教えたり、
他の選手を処置している横でストレッチングをさせるなどで
終える選手もいます。
それは、相手が国体選手だろうが、
日本チャンピオンだろうが、
予選落ちばかりの子だろうが、
そんなことは関係ありません。
こちらで決めた、優先順位や基準の前では平等に扱います。

もっとも、こんな事は当然の事だと思いますが、、、。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/112-0b374c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。