感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表、ワールドカップ後の体調
つい昨日であっただろうか、
読売新聞(朝刊)のスポーツ欄に、
ワールドカップ後にサッカー日本代表選手の活躍は明暗が分かれたとして、
大久保嘉人神戸)、阿部勇樹浦和)、遠藤保仁G大阪)と
田中マルクス闘莉王名古屋)、中澤佑二横浜FM)とを比較していました。

大久保Jリーグ再開後2試合連続でゴールを決めましたが、
それはワ-ルドカップの興奮が残っていたためで、
その後は「身体が動かなくなった」と言うし、
その後左ひざの外側半月板を損傷し手術までしました。
阿部も身体が動かないということのようです。
また、さらに遠藤選手も調子が今一つということで挙げられていました。
私は3人ともワールドカップ後のプレー振りを観ていないので、
記事を信じて体調が低下しているものとして考察します。

それに対して、ワールドカップ後も調子を落とさずに
ファイトあふれるプレーを見せている選手として闘莉王が、
またさらに中澤選手が挙げられていました。
そこで、調子を落とした原因、
もしくは不調から脱出する鍵は
例によって”強い精神力”と言いたいようでした。
また、メンタルの問題で片付けてしまうのですね、、、。
何の分析も科学的な掘り下げもない、
何のために問題提起したのかわからないような記事に
堕してしまっています。

FIFA国際サッカー連盟)のワールドカップのサイトには、
選手が全試合を通じてどのように走ったのかが載せてあります。             ※1
それを観れば一目瞭然ですが、
闘莉王T中澤N
大久保O阿部A遠藤Eの3選手に比べて
4試合トータルの総走行距離
 (T=39,41km、N=38,48kmO=40,78km、A=41,25、E=47,02km
1分間当りの走行距離
 (T=101,1m、N=98,7mO=115,5m、A=117,5m、E=120,9m
90分当たりの走行距離
 (T=9095m、N=8880mO=10397m、A=10577m、E=10879m
のすべてで数値がかなり低くなっています。                         ※2

その上、試合中移動している時間を合計すると5人の選手の間に差はありませんが、
 (T=258分、N=259分O=254分、A=259分、E=257分
移動中のスピードの違いで、
高速High)、中速medium)、低速Low)の3種類に移動中の時間を分けて、
全移動時間に占める割合を比べると、
 [高速で移動した時間]の割合
  (T=6,6%、N=6,2%O=11,8%、A=10,8%、E=10,9%
 [高速で移動した時間+中速で移動した時間]の割合
  (T=13,2%、N=12,7%O=20,9%、A=19,7%、E=21,0%
となっています。

大久保O阿部A遠藤Eの3選手が
いかに速いスピードで走る機会が多かったか、
いかにゆっくりと移動する余裕が少なかったかがわかります。

これは、闘莉王T中澤Nが楽をしていたとか、
怠けていたという意味ではありません。
センターバックというポジションによる制約があるからであり、
チームの戦い方(戦術)によって動きの質が異なったということに過ぎません。
 
このようにポジションや戦法・戦術による疲労の違いを考慮せずに、
闘莉王中澤は精神力でワールドカップ後も活躍しているから、
他の3選手も同様に乗り切れと言うことは
全く非科学的で、暴言ともいえます。
日本サッカー協会Jリーグでも、
こうしたデータと各選手の内科学的・整形外科的・精神医学的などの
心身のデータを集め分析し、
今後のワールドカップ代表選手の大会後のアフターケア等に
役立てるよう努力して行ってもらいたいと思います。
決して個人の努力だけの問題ではないのです。



※1 選手が全試合を通じてどのように走ったのか

FIFA公式サイトより『SOUTH AFRICA 2010』のバナーをクリック、
以下『Statistics』(グレー地)→『Players』(緑地)→『Distance』白地
と進めば全選手のデータが観られる。


※2 strong>闘莉王T)と中澤Nは~低くなっています。

この5人の総出場時間は、それぞれ
T=390分、N=390分O=353分、A=351分、E=389分であり、
そう大きな差はない。
しかし、特に大久保阿部については、
若干短い出場時間となっている。
それ故に、激しく多い運動量となって現れているとも考えられる。
スポンサーサイト

テーマ:2010年FIFAワールドカップサッカー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/119-c96170b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。