感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国体であった出来事2 靴ごとテーピングが奏功!
前回の話は、金沢イボンヌ選手の思い出が書きたかったのか、
アイスバスについて書きたかったのか、
わかり難かったかも知れません。
アイスバスの効果や威力について、
経験を書くことが第一の目的でした。


さて、今回も同じ頃に国体で経験したことです。
仮にA子と呼ぶとしましょう、
高校生の女子短距離選手で、
シーズンになるとよく足首の内側を痛くする子でした。
所謂シンスプリントですが、
それだけでなく足底も少し痛めたり、
腰痛もよく出て、ハムストリングなども痛めることがありました。
アイシングに、ストレッチングに、テーピングにと
よく私が面倒を見た子の一人でした。

A子は足関節の安定性が足りず、接地時に過回内を起こし、
それによって下腿や大腿が余分な回旋を起こしていました。
体幹中殿筋ハムストリング下腿足底などの筋力を上げようと
エクササイズを教えたりストレッチングを教えたりしましたが、
スピードや負荷が高まる試合期には、
どうしても痛みが取れませんでした。

その国体でもそうで、
練習後のケアを徹底し、練習前にはしっかりテーピングしましたが、
やはり走る時には痛みが残りました。
短距離走では接地時には大変な力が
足底のアーチ(土踏まず)や足首(足関節等)に掛かり、
テーピングだけではサポート力が足りませんでした。
また、A子のスパイクシューズは薄く(メッシュ)軽量で、
足をサポートする強度がありませんでした。

ある日の練習時、ふと思いついたことがありました。
アメリカン・フットボールの選手は、
捻挫予防のためのテーピングを義務づけられているようですが、
より強度を増すために足へのテーピングだけでなく
スパイクシューズを履いた上からシューズごとテーピングすることもあると
聞いたことがありました。
そこで、彼女(A子)もスパイクシューズの上からテーピングしてみようと
思いついたのです。
足には練習前からテーピングアーチサポート)してありましたが、
スパイクシューズの上からシューズと足が一体となるように
テープを巻きました(フィギュアエイトヒールロック)。

すると、シューズごとテーピングしてからは、
痛くないとA子が言ったのです。
そこで、国体での全レースと練習では、
足だけでなくスパイクシューズの上からのテーピングを施しましたが、
痛みを訴えうることなく、A子は国体を終えることができました。

陸上競技のスパイクシューズは、
軽量であれば良いというものではない、
選手達にはそのことをシューズ選びのポイントとして
考えてもらえればと思っています。
また、トレーナーとしては
他の競技で行なわれていることもその意味を理解して
違う競技に応用できるものは利用するべきだと身を以て知ることができました。



↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/125-d1ba45cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。