感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波行(第2回アスレティックトレーナーズミーティング)
少し日が経ってしまったが、
今月の5日(金)に(財)日本体育協会の主催した
第2回アスレティックトレーナ―ズミーティングに参加した。
これは、日本体育協会公認アスレティックトレーナーという資格を        ※1
更新するのに必要な『義務研修会』の一つとして開催された。           ※2
平日に丸一日かけて筑波つくば国際会議場)で行なわれたので、
治療室を休みにして参加した。

プログラムの内容は、このとおり
午前中は、公認ドクターとの共催プログラムであった。

「プログラム ?」の河野一郎先生の講演の中では、
”トップパフォーマンスエリア”という言い方をされていたが、
オリンピックや世界大会などを狙うトップアスリートへの予算が、
一挙に増額されたという話が印象的だった。
この話の内容は、偶然その夜
先輩である征矢英昭筑波大学大学院教授との会話で
関連する話を聞かせてもらった。

「プログラム II」の日本代表チームのメディカルスタッフ(ドクター、AT)と
コンディショニング支援スタッフによるワールドカップ南アフリカ大会のお話は、
何故日本がベスト16に入れたのか、
その理由の一端(ほとんど?)を伺わせるような内容だった。
詳しくは書かないが、
”コンディショニング”の力が如何に重要かを、強く示唆していると感じた。

「プログラム ?」で
水戸協同病院でのスポーツ整形外科での活動をお話しされた同病院長の平野篤医師は、
見覚えのある名前と顔だったので、
1995年当時にJリーグヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の
チームドクターを勤めていらした方ではないかと休憩時間にお話を伺ったら、
やはりそうであった。
僕がその年の4月~8月に
ヴェルディのユースチームのトレーナーをしていたので、
クラブハウスで何度か顔を合わせていた覚えがあった。
平野ドクターは、僕のことを覚えてはいなかった(立場上仕方がない)が、
ご挨拶をしに行った時に大変愛想良く応対してくれて、
名刺も交換してくれたのが嬉しかった。

この研修会は、初っぱなから進行が予定より遅れていきったので、
各講演では時間に余裕が無い限り質問を控えたが、
2つの講演で質問させてもらった。
全体に質問が活発でなかったのが、不思議であった。
質問に答えていただいた松井健一氏(千葉県アスレティックトレーナー協議会)は、
講演後の休憩時間にわざわざ座席までいらっしゃり
少しお話しさせていただいた。

僕の後ろ列の席の方が良く質問していた。
その隣にはリニアート(reniart)代表取締役の増田雄一さんがいたので、
多分リニアートつくば治療院の方かなと思ったら、やはりそうだった。
征矢さんのお嬢さん(次女)が治療してもらったところだったはずと、       ※3
研修会後、征矢さんの奥さん(大学で僕の1学年下)に聞いたところ、
今も治療に行っている模様。

長かった研修会も終わり、
予定していた征矢家へと訪問すべく、
征矢さんの奥さんと連絡を取ったのだが、
予想どおり征矢さんは忙しく
まだまだ体が空かない様子。
予約していたホテルにチェックインして、
征矢さんの奥さんと合流し、
何やら筑波大学のイベントに加わって
征矢さんを待つ手はずの模様。
何のイベントかは知らないが、
そこには征矢さんの長男晋吾君も待っているという。               ※4

この続き(筑波大学へ行ってからの話)は次回。



※1 日本体育協会公認アスレティックトレーナー

財団法人日本体育協会が認定するスポーツ指導者資格の一つ。
略して公認ATなどと呼ぶ。
当ブログ記事『日本体育協会公認アスレティックトレーナー』を参照の程。


※2 義務研修会

(財)日本体育協会が認定するスポーツ指導者が、資格を更新するために
資格有効期限(4年)内に受講することを義務付けられた研修会。
公認AT公認ドクターは、
専門性の高い研修を受ける必要があるので、
それぞれの資格専門の義務講習会が課されている。


※3 征矢さんのお嬢さん(次女)

中学時代は、父の故郷である群馬で開かれた
全日本中学校陸上競技選手権大会女子100mジュニアハードルで優勝。
埼玉栄高校を経て、現在横浜国立大学でも陸上競技部に所属している。


※4 征矢晋吾

常総学院高等学校時代、三段跳びインターハイに出場。
筑波大学でも陸上競技部で三段跳びを続けた。
その後、筑波大学大学院に進み、父である征矢教授の研究室で指導を受け、
来年からは金沢大学大学院博士課程(医学系)に進む予定だという。



↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ医学・コンディショニング - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/127-c6b18413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。