感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界陸上 何故か目につくキネシオ(?)テープ
去年あたりもテレビで見て気づいていたのだが、
陸上競技の国際大会に出場している外国人選手が
キネシオテープのテープを貼っているのを
見かけるようになった。
今回の世界陸上2011テグでも、
多くの外国人選手がキネシオテープ
テープをしているのが目につく。
黒やピンクや水色をしたテープが
選手の肌に張ってある。

私は、キネシオテープを信用していない
従って、トレーナーとしてもまず使用することはない。
稀なケースで
通常のアスレティックテープでは締め付けが強いという選手に
キネシオテープで対処したことはある。
選手自身が希望する場合もある。
そんなケースでキネシオテープを使用することはあるが、
シビアな痛みには効果がないと思っている
ところが、外国人選手が現に
キネシオテープのテーピングをしているのだから、
これをどう解釈すれば良いのか?

私は、初め、海外でもキネシオテープ
トレーナーフィジオに認められ、
導入されてきているのだろうかと考えた。
しかし、先に書いたように、
あの類いのテープを信用していないので、
諸外国のトレーナーフィジオ達が
そんなに認めるだろうかと疑問も生じた。

「溺れるものは藁をもつかむ」
「イワシの頭も信心まで」
切羽詰まれば、そう言うこともあるだろう。
それにしたって、どうにも納得がいかない。

全くの想像だが、こんな可能性を考えた。
一つは、世界陸上テグ大会の大会メディカルスタッフが、
あのテープを採用したということ。
それによって、
大会のメディカルサービスを受けた選手に、
フィジオ等のスタッフが
あのテープを積極的に使用しているのではないか。

もう一つ可能性がありそうなこととして、
あのテープを提供販売する会社がIAAF国際陸連)と交渉し、
大会スポンサーなり公式サプライヤーなりになるなどして、
展示・体験・無料提供等を行なうスペース(ブース)を設け、
筋肉や関節等に不安を持つ選手達がそこを訪れ、
テーピングサービスを受けているのではないか。
その結果、あの独特のテーピングを貼られた選手が
今大会では目立っているのではないかと想像している。

だれか、真相を知っている人はいないだろうか?



↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください


スポンサーサイト

テーマ:世界陸上 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント
キネシオについて
自分もトレーナー業をしているものです。
キネシオテープについては自分も?な所はあります。

ただ、筋肉に直接作用してサポート・・・という効果(もちろんあるとは思います)が
選手に対しての心因的なサポートという面では大きく作用しているのではないかと考えています。
試合のとき、少しでも不安を取り除きたい、そんなときにキネシオテープを巻くことによって少しでも取り除くことができればというのはあります。

ただ、選手が間違って効果があると思い込み、他の選手に勧めたりするのは違うかと思います。
そういった意味での教育?は難しくもあり大切だとも考えていますがいかがでしょうか?
【2011/10/18 17:09】 URL | しのび #dEc.uiHI [ 編集]

Re: キネシオについて
> 試合のとき、少しでも不安を取り除きたい、そんなときにキネシオテープを巻くことによって少しでも取り除くことができればというのはあります。

状況次第なので、全否定するものではありません。

ただ、少しでも時間があるのなら、アイシングやら、ストレッチやら、筋肉(膜?)のリリースやら、神経筋の再教育やらを施し、神経筋機能を正常に戻す事の方が大事なのは言うまでもないと思います。
選手にもそうした考えの大切さの気づいてもらい、
アイシングやストレッチングやテーピングなど
具体的にセルフで取り組めるテクニックを教えてやる事が大切だと思っています。
そして、それぞれのテクニックも、
全体の過程の中での適切なタイミングを理解しないと効果が得られないことを、
しっかりと認識してもらいたいと思っています。

特に試合ではなくトレーニングの場面では、
外傷・障害の評価、
治癒過程とリコンディショニングのプロセスの説明をして、
テーピングの意義と限界も説明した上で、
なぜそのテーピングをしているのかを理解してもらうことが必要だと思います。

安易に即効性を求める傾向がスポーツ界にもみられ、
「これをやるとすぐに痛みが消える」みたいな事がもてはやされる事があります。
そこには、施術者の巧みな誘導が潜んでいて、
純真(単純?)なるアスリートが「本当だ!効いた!」と
宣伝役に利用される事もあります。

> ただ、選手が間違って効果があると思い込み、他の選手に勧めたりするのは違うかと思います。
> そういった意味での教育?は難しくもあり大切だとも考えていますがいかがでしょうか?

本当に難しい事だけど、
真摯に教育していく事がトレーナーの使命と信じて頑張るしかないですね。
【2011/10/18 19:40】 URL | フィジカル系職人 #- [ 編集]

ありがとうございます
確かに即効性を求める選手、そして指導者が多くなってきているかと思います。
そして、治療だけをする治療家も増えてきているのではいかとも思っています。
もちろん、治療ができる腕というのは素晴らしいことだと思いますが、治療をしたところで理解ができていなければまた選手は治療にくるだけというような形になってしまうかとも思っています。

少しでもトレーナーというものが職業になって行きますよう、これからもよろしくお願い致します。
【2011/10/19 13:20】 URL | しのび #dEc.uiHI [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/169-82a61842
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。