感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸腰筋について 4
少し、腸腰筋について大切なことをおさらいします。

1.腸腰筋は、他の股関節周囲の筋群(中には拮抗筋も含む)と共同して、
 立っている時や寄りかからずに座っている時に
 股関節~骨盤・脊柱(背骨)を固定・安定させて支持する働きをしている。
2.腸腰筋の(持続的な)緊張・短縮は、骨盤の前傾と腰椎の前弯を強める。
3.腸腰筋の(持続的な)緊張・短縮が、腰痛の原因になる。
4.腸腰筋の緊張・短縮は、臀部など他の筋の緊張・短縮の原因になることがある?
 (少なくとも影響がある。)

1と2については、今後『姿勢』とか『バランス』とかの話題になれば、触れると思います。
3と4については、スポーツ外傷・傷害についての話で触れることがあるでしょう。
今回4について、少し話を進めてみます。

陸上競技の短距離では、
大腿の裏の筋(ハムストリング)の肉離れが比較的多く起こります。      ※1
ハムストリングを肉離れすると、
これらの筋を伸ばすと痛みを誘発するのでストレッチできません。
下の写真では、肉離れした右脚のハムストリングを伸ばすテストをしたところ、
これ以上挙げると痛みが出るという限界で右脚を止めています。        ※2
SLRテスト1

しかし、右側の腸腰筋を伸ばすことはできるので、
腸腰筋ストレッチングを行なった後は
腸腰筋ストレッチング01

ハムストリングの柔軟性が改善し
右脚をもっと高く挙げることができるようになります。
(両脚の間の角度で、多くは5°~15°くらい改善します。)

肉離れを起していないハムストリングの柔軟性も、
腸腰筋のストレッチングで改善します

このような現象が起こることは、
腸腰筋の柔軟性(緊張)がハムストリングの柔軟性(緊張)に
影響を及ぼすこと示しています

ですから、ハムストリングの肉離れの予防の為に
腸腰筋のストレッチングは有効である
と考えます。

実は、スプリント(短距離走)でも長距離でも、
ランニングに腸腰筋は重要な働きをしていて、
多くの陸上競技選手が腸腰筋の疲労からくる緊張・短縮と
それに影響されたハムストリングや(前回お話しした)臀部の緊張・短縮に
苦しめられています。
長距離のレース前に、上臀部をこぶしで叩いているランナーを良く見かけます。
私もよくそうしていました。
今度テレビでマラソン・駅伝などの長距離レースが放送されるときは、
そんな点にも注目してみると思います。
多分、選手が臀部を拳等でたたく場面を目にできると思います。


※1 ハムストリング
大腿(だいたい:ふともも)の裏側にある筋群。
大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋の3種類の筋がある。
もともとはそれらの筋の腱の部分を指していたらしいので、
筋を呼ぶときはハムストリング筋(Hamstring Muscle)と呼ぶこともある。
膝の裏は中央部分が凹み、
内側と外側の両サイドに腱が張っているのが肉眼でもよく見て取れる。
内側の腱は半腱様筋と半膜様筋の、外側の腱は大腿二頭筋の腱である。


※2 ハムストリングの柔軟性をみる
写真のように、仰向けに寝た人の片脚を膝を伸ばしたまま持ち上げる、
SLR(Straight Leg raising ストレート・レッグ・レイジング)テストという検査法。
本来は、腰椎や椎間板の異常、座骨神経の根症状の有無などを調べるテストだが、
ハムストリングの柔軟性を調べることにも利用できる。
挙げた脚とベッド上に残った脚とが作る角度の大きさで評価する。
写真は、だいたい45°くらいか。
ハムストリングを肉離れした直後では、30°も挙がらないことは珍しくない。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ医学・コンディショニング - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/44-e38cc270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。