感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスティックトレーニング:症例 頸部痛(サッカー) その2
前回に引き続き、
アスレティックトレーナーとして経験した症例を書いてみようと思います。

今回は、某国体のサッカー少年の部に出場した
群馬県チームの1員の子の例です。
当時高3のディフェンダーで、
高校卒業後にJ1のチームに入団し、今も現役です。

国体の準決勝前のことだと記憶しています。
試合前に何人もの選手にテーピングを施し、
全体のウォーミングアップが始まって一息ついていると、
彼が仲間から離れて駆け寄ってきました。
寝違えたように首すじが痛むと言うのです。
もうウォーミングアップが始まり試合への準備を考えると
本人にもチームにも時間がありませんし、
痛みの具合によっては監督に早く報告しなければなりません

仕方がないので即効性を期待して、
頸部の筋をストレッチングすることにしました


仰向けに寝てもらい、頸部に両手を添え、
頸部の左右の筋を少し回旋(捻り)を加えながら               ※1
交互に20~30秒ずつストレッチしました。
ストレッチング中本人に痛みがないか確認しながら
手に感じ取る筋の緊張が変化していくのを確認しストレッチングが終わると、
本人は頭を動かしても立って様々に体を動かしてももう痛くない
と言い、
ウォーミングアップに合流していきました。
全体で2分に満たないくらいの時間だったと思いますが、
準決勝にフル出場し、翌日にも3位決定戦にフル出場しても、
全く痛みは無いとのことでした。


前回と今回と、2名の高校生の男子サッカー選手の例でしたが、
どちらも10数年前のことで、私もキャリア2~3年くらいの頃で
非常に印象に残っています。


※1 頸部のストレッチング
スタティックなストレッチングであって、
カイロや整体の技法とは異なるので、誤解なきように願う。
具体的な方法についての記述も、写真や動画のアップも、
頸部は非常にリスクの高い部位なので、
一切行なうことはできない。
実際に立ち会ってマンツーマンでなければ紹介することはない。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/59-713fc024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。