感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本陸連医事委員会トレーナー部
これまでに2回、アスレティックトレーナーについて書いてきました。

日本陸上競技連盟は、
陸上競技の特性に鑑み、陸上競技に合ったトレーナーを養成し、
彼らに登録してもらって役立てていく制度を作り上げて来ました。
この制度の中心にあるのが、
日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部です。

  日本陸上競技連盟医事委員会トレーナー部


初めは陸上競技のトレーナーに必要な知識や技術を学ぶ研修会としてスタートを切り、
数年後には研修会(日本陸上競技連盟トレーナーセミナー)を終了した者を
トレーナー部の部員として登録(C級トレーナー)し、
日本陸上競技連盟の事業に協力してもらう体制が整いました。

  日本陸上競技連盟トレーナーセミナー(2008年度は終了)


登録初年度はC級トレーナーとしてスタートしますが、
陸上競技大会でのトレーナーとしての活動実績によって、
希望すれば1年ごとにB級トレーナーA級トレーナーへの昇格が審査され、
昇格する道が開けるという制度になっています。

C級トレーナーは都道府県レベルや地方レベルの大会の、
B級トレーナーは全国レベルの大会の、
A級トレーナーは国際大会・世界大会のトレーナーを務めることができます。
また、A級トレーナーの中から
日本陸連の主催する強化指定選手・日本代表選手等の強化合宿や
国際大会へ帯同するトレーナーが選ばれます。
(日本代表や国際大会には、ジュニアなどの年代別カテゴリーのものも含まれます。)

私は日本陸連医事委員会トレーナー部に登録されたA級トレーナーであり、
今も時々日本陸連関連の陸上競技大会や国際レースのトレーナーを務め、
かつては強化担当としていくつかの合宿や国際大会に帯同したこともあります。
今後は、この「アスレティックトレーナー」のカテゴリーで、
そうした過去の経験や今後経験する活動について書いてみたいと思っています。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:アスレティックトレーナー - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/9-441e55f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。