感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Tarzan 547号』を読む
更新を怠っていたら、随分と訪問者が減ってしまいました。

更新できなかった最大の理由はパソコンを買い替えたことにあります
それについいては、こちらのブログに書きましたが、
今日もメールが送信できないことに気づきました。
アカウント設定に間違いはなかったはずなのに、、、。


さて、私は時々雑誌『Tarzan』を買って待合室に置きますが、
その内容をチェックします。
あまり適切でないことが書いてあるようでしたら置きませんし、
時には「註」を書き込んだりします。
今回買った『Tarzan 547号(2009年12月10日号)』には
まだ一部にしか眼を通していませんが、
感じたことを書いてみたいと思います。

「男と女の全身筋トレ完全マニュアル」というタイトルで、
数多くの筋力トレーニングが3段階のレベル別に写真入りで紹介されいて
大変役立つ作りになっている
と思います。
紹介されているトレーニングのメニューについても、
何がベストとか一概に言えることではないので、
個人的な不満はあっても妥当な内容ではあると思います
と、いうことで全体として肯定的に見ていると思っていただきたいのですが、
Tarzan読者にちょっと注目してほしいところや
注意した方がいいと思うようなところがあり
ます。

はじめに筋肉の説明をしているのですが、
その中で「筋肉はどんなときにも縮むことで力を発揮する。」という見出しの項があります。
これは、とても重要な核となるポイントです。
私も、『筋は縮むことしかできない/筋の生理』という記事を書いたことがあります。
ここで言う「縮む」とは「収縮」という方が正確な言い方になります。

トレーニング『入門編』で紹介しているSQUATスクワット)のモデルの写真(P30)は、
腰を下ろしたときに膝が開きすぎている
のが気になります。

『初級編』『中級編』で取り上げたリバースクランチという種目について
「戻るときは背骨を1個ずつ床につける気持ちで。」と書いているところ(P35・P47)

『中級編』で取り上げたスーパーマンという種目について
「腰を反らさず」と注意しているところ(P42
)、
そしてやはり『中級編』でホーススタンス・アブダクションという種目を
紹介したこと(P43)
については、
これはいいなと思いました


97ページには「知っておきたい基本のキ。『ターザン』式筋トレ検定。」と題して
筋トレに関する問題が27問(100点満点)出されています。
私は6問間違え83点しかとれませんでした。
しかし、このうち2問はトレーニング方法とマシン名を尋ねるもので、
あまり覚える必要を感じたことがないことで正誤がはっきりしているのでいいのですが、
残る4問については正解とされたものに疑問を感じました。


問06「筋肥大をさせやすいのはどのエクササイズ?」という問題で、
(A)フリーウェイト、(B)自体重。(C)マシンの中から正解を選ばせる設問では、 
正解が(C)とされました。
(B)自体重は明らかに違いますが、
筋肥大をさせるにはエクセントリックな収縮局面があることが有利ですが、
マシンにはエクセントリックな筋収縮を防ぐ種類のものもあります。
ですから、一概にマシン有利とは言えません。
もちろんフリーウエイトではマシンよりも特定の筋にしぼって負荷をかけることは難しく
その点では不利
なのですが。
問題自体が不適切であったと感じます。


問14 「クランチ、シットアップでは、足を固定するべきですか?」という問いに対し、
(A)クランチは固定するがシットアップは固定しない
(B)クランチは固定しないがシットアップは固定する
(C)クランチ、シットアップともに固定する
の3つから答えを選ぶ設問で、正解が(B)となります。

私は、どちらも固定しない方がいいと思います
解説によるとシットアップでは、股関節の上と下とでは重さがほぼ同じだから、
足を固定しないと起き上がれないとしているが、そんなことはありません。
腹筋が収縮して脊柱(背骨)が丸まれば、
体全体の重心がより下方に移動するとともに上半身の重心が体全体の重心に近づき、
起き上がりやすくなるはずです。
少なくとも実際問題として足を固定しなくてもシットアップはできます。
足を固定すれば腹筋の関与は小さくなり、ほとんど腸腰筋の運動になってしまい、
腰痛を起こしやすくなります

(腸腰筋と腹筋と腰痛との関係については、かつて
 『腸腰筋について』『腸腰筋について 3』に書きました。)
ですから、これも適切な設問ではなかったと思います。

あと2問ありますが、長くなるので次のエントリーで述べることにします。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ科学・トレーニング科学 - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://bodyi.blog17.fc2.com/tb.php/98-eefb3a27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。