感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベアフットランニング リーバーマンの主張は変!? vol.3
ダニエル・E・リーバーマンは、彼の論文
Foot strike patterns and collision forces
in habitually barefoot versus shod runners
"(抄録)で、
靴を履いて走る時と裸足で走る時とでは
足接地パターンが異なる事がある事を示した。
足接地パターンは、
踵が最初に地面に触れる"rearfoot strike"と
前足部が最初に接地する"forefoot strike"と
踵と前足部が同時に接地する"midfoot strike"に分類され、
靴を履いている場合"rearfoot strike"が、
裸足の場合"forefoot strike"が増えると言う事である。

こうした結果には、特に異論はない。
素直に受け入れる。
走るという一見単純な運動は、
骨格などの体型や筋の発達の違いや、
走る地形や走路の硬軟などの外部環境や
履物や荷物の有無などのランナーの受ける条件、
そしてランナーの所属する集団の歴史や文化などの背景によって
大きく影響される。

だから、靴を履いているかどうかという条件は
走るフォームを変え得るだろう。
普段靴を履いている人間が裸足になった時や
普段裸足でいる人間が靴を履いて走らされた時には、
その足接地パターンも大きな影響をうけるだろう。

しかし、走ると言う運動が
このように様々なファクターに影響されるからこそ、
リーバーマンの解釈には賛成できない。
リーバーマンは、この論文(抄録)で、
「ヒトが裸足で走る時、"forefoot strike"や
"midfoot strike"の方がより普通(common)であろう」
と主張しているのだ。
だが、その主張の根拠はこの実験しか無いのだ。
アメリカ人とケニア人だけで実験した結果が
人類全体に言えると言うのだろうか?
モンゴロイドにも同じ事が言えるのであろうか?

この実験に参加したケニア人ランナーは
優秀な長距離ランナーを輩出した地域・部属の者で、                 ※1
しかも試合に出ている本格的アスリートである。
彼らは、シューズを履いても履かなくても"forefoot strike"の割合が高い。     ※2
この事は、彼ら共通の体型が影響している可能性はないのだろうか?
彼らの体型は、明らかに大多数の日本人とは異なっている。

あるいは、起伏の激しい地形で
(日本人からみたら)ハイスピードで走る習慣が、
その走法を作り出している可能性は無いのであろうか?
走スピードが上がると踵接地は難しくなり、
短距離走では"forefoot strike"が普通になる。

彼らの運動文化的な価値観に、
"forefoot strike"を好しとしている可能性はないのであろうか?
日本にも江戸時代には”なんば”などの独自の運動文化があったように。

少なくとも、日本人とケニア人とでは、
自然・生活環境も歴史や文化も異なり、
ケニア人がbarefoot runningでどう走ろうと
日本人にも同じ事が言えるとは思えない。

アメリカ人について言えば、
日本人同様に普通裸足で走ることは全くと言っていい程無いであろう。
しかも、2つのグループのうち1グループの被験者達(1)は            ※3
ハーバード大学に関わる人間達である。
当然、舗装された道路などの固い路面で走る事が多いと予想される。
土や芝生の上を日常的に走れる人間がどれだけいるのであろうか?
靴に慣れ、靴に守られた足を持つアメリカ人が、
固い路面や土の上で裸足で上手く走れるだろうか?
(実験も人工的な路面上を走ってデータを採っている。)

私の過去の経験でも、
アスファルトやコンクリートの上、
硬く締まった土のグラウンドの上では、
裸足で走る時は踵が路面にゴツゴツ当たる感覚が嫌で、
シューズを履いている時よりも足首を背屈させ
踵を身体に近いところに接地することで
ショックの少ない接地を心がけたため小股になった。
人によってどう対処するかに違いはあるだろうが、
現代アメリカ人も現代日本人も、
裸足で走る時は心理的な要素も影響している可能性を
考慮するべきである。

裸足で走る時"forefoot strike"に近づくとしても
だからと言って「(ヒトにとって)普通 common」だとは
簡単に認めることはできない。

人類(ヒト)の足の構造からして、
踵は最初に接地しても安心なように作られている。
少なくとも歩く時は"rearfoot(heel) strike"であるのが普通 commonである。
そして、ヒトの運動としては
歩く事の方が走る事よりも頻度が高いはずである。
それは、太古の昔から変わらないであろう。
それ故、ある程度以上の長さの距離を走る必要が生じた時も、
ヒトの動きとしてはrearfoot(heel) strike"が多く使われたはずである。       ※4
ヒトの踵には、強く太い骨(踵骨)が発達し、
その下には踵骨下脂肪体(しょうこつかしぼうたい)という
クッション様の組織まである。
(あまり、強い衝撃を頻回に受ければ痛めてしまうが。)
このような構造は類人猿にも無いはずである。

こうした、人類の進化の結果手にしたモノを、
リーバーマンは無視するのであろうか?


さて、まだまだ話は続くが、続きは次回に回そう。



※1 ケニア人ランナーは優秀な長距離ランナーを輩出した地域・部属の者

カレンジン Kalenjin 族である。
この部族は、数々の優秀な中長距離ランナーを輩出している事で有名である。


※2 (ケニア人ランナーは)"forefoot strike"の割合が高い

ケニア人のティーンエイジャーを対象としたグループも2つ実験に参加した。
靴を履いた事の無い子達のグループは
"forefoot strike"の割合が高いので、
ケニア人(カレンジン族)は"forefoot strike"で走る割合が高い事は
言えるようだ。
靴を小さい頃から履いている子達のグループは
"rearfoot strike"の割合が高いので、
靴を習慣的に履く事が踵からの接地に動作が導かれている可能性は
あるだろう。
ただし平均15歳のティーンエイジャーなので、
ランニングを本格的に初めて数年経ったとき、
変化する("forefoot strike"が増える)可能性もあるのではないだろうか?
ケニア人(カレンジン族)の事を日本人に安易に敷衍するわけにはいかない。


※3 (アメリカ人被験者達)の2つのグループ

この実験では、習慣的に靴を履いて走っているランナーのグループは、
ハーバード大学の関係者(Harvard University community)である。
もう一グループは、習慣的に裸足で走っているランナーとされているが、
詳しい説明だと裸足に近いフットウェア(例えば Vibram Five Finger®)を
履いて走っている者も含まれている。
このようなフットウェアを履いても、
裸足と同じと言えるのであろうか?


※4 ある程度以上の長さの距離を走る必要が生じた時も、
   rearfoot(heel) strike"が多く使われたはずである。

危険から逃げる時など、短い距離を全速で走る場合は、
速く走れれば走れる者程"forefoot strike"になったはずである。
ヒトは、"forefoot strike"と"rearfoot strike"を
使い分けることもできるのである。



↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ベアフットランニング リーバーマンの主張は変!? vol.2
リーバーマンの論文(原文)だと思って、必死に訳して読んでいたら、
論文(原文)ではない事に気づいた。
最初に章立て(小見出し)を先に読んでいれば、
すぐに気づく事ができたのに、、、。

中身は、実験結果をまとめた表一つと図三つをみる事ができ、
抄録だけよりも参考にはなった。
また、抄録の載っているnatureサイトのページには、
ARTICLE LINKS”という枠内に
Figures and tables』(図と表)
Supplementary info』(補足的情報)というリンクがあり、
それを見れば実験の方法を詳しく知る事ができる。

これらを読んで感じた事は、
ずいぶんといい加減な考察をしたなということ。
研究(実験)によって得られたデータ(表1)や
結論にケチをつける気はない。
そこから一歩進んでの解釈と言うか予測(仮説)が酷いと言う事。

時間がないから、この続きは明日以降に書こう。

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

ベアフットランニング リーバーマンの主張は変!? vol.1
前回、ベアフットランニングについての
ダニエル・リーバーマン、ハーバード大学教授(進化生物学)の主張に
異論がある旨を書いた。
その異論の中身に付いて具体的に書こうと思って
途中まで書きかけていたのだ。
しかし、論文の抄録しか読めないと思っていたのに、
ランニング学会のサイトで
リーバーマンの論文(原文)が読めるとわかり、             ※1
今時間を見つけては訳しながら読んでいる。

抄録を読んでの批判では、
とんちんかんな事を書きかねないので、
英語が苦手ではあるが原文を読んで、
その上で批判してみようと思う。

なので、しばらくこの続きは書けそうにない。
本当に英語が苦手だから、
訳すのに日数がかかるのである。

 
※1 リーバーマンの論文(原文)

論文ではなかったので訂正する。
(2011年7月15日)



テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

不勉強を反省 2 ベアフットラン
もう2ヶ月前の事だが、
高校大学時代の先輩である征矢英昭筑波大学教授から
電話をもらった。
いきなり、ベアフットランニングについて質問された。
質問の要旨は、
ベアフットランフォアフットでの接地では、
接地後が下がり伸張ストレスがかかったアキレス腱
弾性力を利用して走るのかと言う事のようだった。

会話の中で、ベアフットランフォアフットを主張する
リーバーマン教授のことを初めて知った。
その時、リーバーマンのことも、その主張も知らなかったので、
"ベアフットランフォアフット"ではないのではないかと説明した。
また、エチオピアケニアのエリートランナーに見られる
fore-foot strikeの走法では、
接地時にアキレス腱の弾性力が利用されている
でしょうと話した。

電話の後、改めてネットでリーバーマンの論文について調べた。

私は彼の論文(抄録)を読んで、
「人がbarefoot(裸足)で走る場合、
 fore-foot strikeやmid-foot strike(flat foot) が普通であろう」        ※1
と言う結論に強い疑問を抱いた。
さらに、このような文書を読んで、
リーバーマンの主張をさらに詳しく知り、
疑問は増々強くなった。
さらにさらに、『BORN TO RUN』なる本が大注目され、
そこにもリーバーマン教授が登場し、
やはり同様な主張をしているのだと言う。

近年、裸足で走る事が注目されている事は知ってはいたが、
それらを紹介する書籍・雑誌等には興味を持たなかった。
しかし、こんな主張が為されている事を知り、
アスレティックトレーナーとして
疑問を感じないではいられなかった。


BORN TO RUN』で主張されている(らしい)ことにも
リーバーマンの論文の結論や主張にも
いろいろと突っ込みどころがあるので、
それを次回以降書きたいと思う。
このようなおかしなところの多い主張が
世間に広まっている事を知らなかった事は、
自分が最近情報収集を怠けていた現れとして
大変反省させられた。

参考までに、こちらのブログが興味深いリーバーマン批判をしているので
紹介しておきたい。



※1 人がbarefoot(裸足)で走る時、
   fore-foot strikeやmid-foot strike(flat foot) が普通

普通と訳したが、原文では”common”と書いてあった。
英語が得意ではないが、commonn senseが常識という意味
であるくらいだから、自然とか本来的と言うことであろうか?



↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

アスレティックトレーナーにできること
アスレティックトレーナーに、今できることを考える。

スレティックトレーナーの知識やスキルから考える。

アスレティックトレーナーは、
看護師や救急救命士ほどの医学的な専門知識はなくとも、
一般人よりは広く浅く医学的知識があるし、
特にケガの発生現場での経験を積んでいる者も多い。

災害時の傷病者の運搬や救護活動で
消防団員や警察官、自衛官などと
一緒に活動することはできるかもしれない。

医師のいない場や医師の指示の下での
けが人へのテーピングなどの応急処置もある程度可能だろう。
テーピング用のテープが無くても、
包帯や布などの代用品があれば
工夫次第で多少のことはできると思う。

疲労や慢性的な運動器の障害には、
ストレッチやマッサージなどの手技で
回復や改善をはかることができるだろう。

以上のことは、
被災地を地元とするアスレティックトレーナーでない以上、
今できることではない。
しかし、被災地においてボランティアの受け入れが可能な状況になった時には、
アスレティックトレーナーも役立つことができるのではないだろうか。


こうして考えると、
アスレティックトレーナーを役立ててもらうために、
日頃からいざと言う時にはこんなことができますと
医師会や行政、ボランティア団体等に知ってもらっておくこと、
そして災害時の対策の中に位置づけられるようにしておくことが
今後は大切ではないかと感じさせられた。

今ではないが災害前にやっておけることはあるように感じた。
例えば、ガソリン不足、電車の運休や間引き運転によって、
この1週間私はいつもよりずっと歩くことを余儀なくされている。
その過程で、膝やすねが痛くなったりもした。
こんな時、私は自分でアイシングしたり、
逆に筋肉を温めてストレッチングしたり、
テーピングをしたりして
痛みを早期に鎮めたり痛み無く歩けるようにできる。
こうした、知識をアスリートにだけ届けるのではなく、
一般の方のいざと言うときの対策として
広めていくことも大切なのではないかと感じた。


今、アスレティックトレーナーとして
私にできることは何か?

私の住む群馬県にも、東北地方からの避難住民が移ってきている。
ガソリン不足が改善したら、
避難住民へのマッサージやストレッチ指導、
エクササイズ指導、テーピングなどを希望者に提供できるよう
行政にボランティアを申し出て見ようかと思う。


テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。