感覚派アスレティックトレーナー  身体と会話する日々
マッサージ師、鍼師であり、アスレティックトレーナーでもあるフィジカル系職人が、身体について、スポーツについて、その他よしなし事について綴る、教養系?ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『絶対、足が速くなる!』に触発されて書きました
先日、本屋で『絶対、足が速くなる!』(日刊スポーツ出版社)という本を見つけ、
少し立ち読みしました。

この本では、
伊藤章氏(大阪大学体育学部教授・同大学陸上競技部部長)へのインタビューで  ※1
世界一流の短距離走者の走動作の特徴が、
川本和久氏(福島大学人間発達文化学類教授・同大学陸上競技部監督)への    ※2
インタビューでは具体的な技術論とコーチ法が語られています。
この二人のお話の内容自体は、私には目新しいことはなかったのですが、
重要なポイントが語られているので、
速くなりたい・誰かを速くして上げたいけど
どんな技術が必要なのか詳しくない方は必見でしょう


その他にレッシュ・トレーニングとかを提唱している広戸聡一氏や
プロトライアスロンコーチの青山剛氏が載っていたんですが、            ※3
読む気がしなかったので読みませんでした。
その他にも、高野進氏や伊東浩司氏、
その他幾人かが取り上げられていました。(読んでません。)

上であげた本で、伊藤章氏はバイオメカニクス的な研究の結果から、
腿(膝)を上げる高さと疾走スピードとの間には、相関関係がない。」
(速く走るには腿を高く上げなくてはいけないというのは間違い。)という点と
速い選手ほどキック時に支持脚の膝が伸びるスピードは低い。」
(速い選手は、接地している支持脚の膝の角度を変えない=膝を伸ばさない)という点の
2つのことを強調してました。

このうち、膝を高く上げることが速く走るために必要がないという分析結果が、
短距離の基本トレーニングである「ももあげ」否定へとつながりました。
私は、これには二つの誤解があると思っています
一つは、「ももあげ」(マック式ドリル)は腿を高く上げることが目的ではなく、
片方の腿を引き上げることを意識することで
もう一方の脚が地面を押す力を強くすることが目的であるということです。
目的と言ったら言い過ぎかもしれませんが、
ももあげによって支持脚の地面を押す力や感覚が高まる効果があるというメリットを
ももあげを語る上で考える必要があると思います。
ですから、「ももあげ」ドリルは、今も効果的なトレーニングとして
取り入れる価値があると思います。                        ※4

もう一つの誤解とは、
速く走るためにはももが高く上がらなくても良いということではなくて、
最低限ある程度はももが高く上がっていることは条件になっている

と思うということです。

それは、長距離走の記録と最大酸素摂取量の関係に似ているのだと思います。
遅いランナーと一流ランナーとでは、最大酸素摂取量に差があります
しかし、一流ランナー同士を比べると、
最大酸素摂取量が高い順に速いというわけではありません。
一流ランナーの間では、皆ある水準以上の最大酸素摂取量を誇るが、
記録や勝敗を分けるのはその他の要素にかかっているということです。
(ケニア人トップランナーと日本人トップランナーの間でも
最大酸素摂取量に差はありません。)

スプリンターにとっての腿も、高ければ高いほど良いというわけではないが、
高い方が有利であるとは言えると思います。
特に近年の高速化には、後半でも腿が高く上がることが貢献していると思います。
ウサイン・ボルト、タイソン・ゲイ、アサファ・パウエルのフォームを見ると
そのように感じられます。


川本和久氏は、伊藤氏にはない視点を持っています。
それは、骨盤や体幹のことです。
川本氏は、骨盤を立てることが重要と考えています
そして、骨盤を前傾させ過ぎてもいけないとしています。
この視点には私は大いに共鳴しています。


※1 伊藤章

陸上競技短距離走の疾走動作を科学的手法(バイオメカニクス)で研究している。
この分野では、日本の第一人者の一人であろう。


※2 川本和久

福島大学陸上部の監督として、数々の優秀な短距離選手を育てた。
教え子の中から女子の100m、200m、400m、400mハードル、
走り幅跳びの日本新記録を樹立した選手や、
世界陸上競技選手権やオリンピック代表選手を輩出している。
2006年3月から、ナチュリルアスリートクラブの監督を兼任している。


※3 広戸聡一氏と青山剛氏の記事は読む気がしなかった

広戸氏の○○タイプ、△△タイプとかいうのは、
ちょっとどうかな?と思う。
私には賛成できない。
青山剛氏は、ランニングコーチとして紹介されていたが、
本来トライアスロンコーチであり短距離走は専門ではないはず。
長距離走が速いことを「あしが速い」と表現することには違和感があり、
この本で青山氏を取り上げることは意味がないと思う。
写真でランニングフォームを見たが、
(長距離ランナーとしても)あまり感心しなかったので
やはり記事は読まなかった。


※4 「ももあげ」ドリルは、今もやる価値がある

私が大会トレーナーの一員として加わった
世界室内陸上競技選手権前橋大会(1999)や世界陸上競技選手権大阪大会(2007)では、
世界中のスプリンター達のウォーミングアップやトレーニングを見たが、
両大会で多くのスプリンターが「ももあげ」を行なっていた。
トレーニングの目的や効果を、見える形からだけで判断すべきではないと言うことだろう。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

全速力と全力は違う! 世界陸上ベルリン2009
ボルトが北京オリンピック100m決勝で、力を抜いたとか、横を向いたとか、
手を下げたり胸を叩いたりした
のに世界新記録だったから、
真剣に走れば極端にタイムが違っただろうと言われたり、           ※1
今度の世界陸上でも100m二次予選で
隣のベイリー選手と顔を見合わせて笑いながら悠々ゴールした
とか、
そんなことが話題になりました。
200mでも途中から力を抜きながら走っています。
しかし、スプリント種目においては加速し最大スピードの達したら、
そのスピードを落とさないことが一番大切なこと
なのです。

加速というのは物理学(ニュートン力学?)で言っても、
力を加えなければスピードは増しません。
しかし、スピードの維持なら空気抵抗さえなければ
力を加える必要はありません。
実際は空気抵抗もあるし、一歩一歩足を接地するたびに減速しますが、
それは加速しているときでも同じことなので、
その上でさらにスピードを増すために必要な力を加える加速に比べたら、
やはりスピード維持の方が力(エネルギー)を使わなくてもできる可能性が高そうです。

実際、スピードを維持する能力・技術が高くなると、
力(エネルギー)をセーブできるのでリラックスした走りが可能になります

心身のコントロールのあり方からすると、
むしろリラックスした方がスピードを維持した走法が可能になります

技術論的には、(しつこいようですが)
世界陸上第2日(8/16)の感想とスプリント技術について』で書いたような
走技術・走フォームがスピード維持には有利であり、
イメージするにはボルト選手の走るフォーム(特にリラックスしている予選など)を
そのまま思い浮かべるといいでしょう。

男子100m決勝で真剣に走っているボルトの写真
 パウエルの右脚が早いタイミングで、前に引き出されようとしていることに注目!
 その為、左足の接地時には、右膝を身体の前に出すことができる
 体幹が真っ直ぐに立ち、強い体幹が右脚の素早い引き出しを可能にしている
 ややつぶれ気味なのが、絶好調では臨めなかったことを証している!?

男子100m二次予選でベイリーと笑い合いながら走るボルト
 上の写真と見比べると、ボルト選手の腕の振りが小さくなり、
 その分太腿の上がりがやや低くなったくらいで、
 ほとんどフォームに違いが出ていないことに注目!

全速力でありながら股関節・肩関節がリラックスでき、
体幹が強く姿勢のバランスが良いから体軸が安定し、
腕や首(頭)の動きにある程度自由な動きを許しても
体幹や股関節(脚)運動の調節で受け止めることができます。

覚えているでしょうか?
アテネオリンピックの男子100m準決勝において、
アメリカのクロフォード選手(今回200mに出場)と
ガトリン選手(優勝.後ドーピングで資格停止)の二人が、
ゴール前20mくらいからお互いの顔を見合い、何か叫びながら、
ほとんど半身に近い姿勢でゴールしました。                 ※2
その時二人とも9秒台であったと記憶しています。
ボルトのパフォーマンスは、
陸上競技(スプリント)界で始めてではなかったのです。

最大のスピードで走ること、つまり全速力で走るとは、
全力で走ることではないのです。
リラックスすること、リラックスできるフォームで走ることなのです。

ですから、ボルト等が力を抜くのは最高スピードまで上がってからで、
ボルトぐらいの力があると端から見てもわかるくらいリラックスした走りでも
減速が小さいから他の選手に追いつかれないのです。
その点で言うと、一部メディアが伝えたボルトのコメントどおり、
北京オリンピックのときの方が調子が良かったのでしょう。


※1 もしも、ボルト選手が北京オリンピックの100m決勝で真剣に走っていたら

ちょうど今回の世界新記録ぐらいのタイムだったのではないかと思う。


※2 ほとんど半身に近い姿勢で走った

半身に近い斜めに身体を向けていましたが、
腰のところから上体を捻っていたわけではない。
身体全体を斜めに向けていた。
その際、両腕は体側やや腹側に降ろしていたと思うが、
こうした動きこそ、まさに「ナンバ」走りではないかと思う。
もちろん半身になって走ったから「ナンバ」と言ったわけではなく、
ちゃんと正面を向いていても、
不必要に身体を捻らず、体幹(胸郭~骨盤)を締めて、
脚を身体の前で捌くフォームは、
「ナンバ」と呼んで差し支えないと思う


もっとも、「ナンバ(走り)」と言う言葉は便利に使われたが、
それを説く方々の間で統一された定義は無いように見えるから、
わざわざ外国人の動きを「ナンバ」と呼ぶ意味もないのだが。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

世界陸上第3日(8/17)の感想 その他
女子400mハードルの久保倉里美選手と青木沙弥佳選手、
男子10000m決勝の岩井勇輝選手が出場しましたが、
結果は本人達自身納得のいくものではなかったでしょう。
特に青木選手はハードルに脚を引っかけて転倒してしまいましたが、
大きなケガがなかった様子だったのが何よりです。

転倒しなかった久保倉選手も岩井選手も、
自己記録に比べても差のある記録で終わっています。
そういう意味では、女子棒高跳びのイシンバエワ選手も
4m75、4m80という自己ベストからみてかなり低い記録を失敗して
記録無しに終わっています。
男子ハンマー投げも80m越えが一人と
記録的には低調に終わりました。
室伏選手と仲が良いというポーランドのジョルコフスキ選手は、
ベスト記録よりも約4m低い記録で終わっています。

ところで、4mという距離は、ジョルコフスキ選手にしてみたら、
ベスト記録の5%弱です。
久保倉選手の予選のタイムはべストよりも1.5秒遅く、
この1.5秒というのはベスト記録の約2.7%です。
イシンバエワ選手は予選記録無しでしたが、
最初に失敗した4m75はベスト記録(世界記録)より30cm低く、
30cmはベスト記録の6%ほどに過ぎません。
つまり、ベストよりも
3%、5%。6%の範囲でも「不調」とか「低調」となる
わけで、
我々の生活で3%~6%なんて変動は普通にあることでしょうし、
我々は生活上5%もパフォーマンス低下しているから頑張れなどとは       ※1
言われることはありません。

ボルトが100mで世界新記録を出すと、
「どこまで記録を伸ばすのか?」などと、
もうこの記録(9秒58)もたやすく破れるかのごとき幻想が持たれるが、
いつでもベストな状態でいられる者、
いつまでもパフォーマンスを向上させられ続ける者などいない
のです。
ボルトはまだ若いですが、それでもこの先の記録更新はたやすくないし、
今までのように短期間で大幅になどということは有り得ません。
そう、限界があるとは見えなかったイシンバエワでも
何年間もトップでい続けたことが身体に非常な負担をかけていたこと、
そしてその負担に身体が耐えられない時
パフォーマンスがここまで低下することもあるのだということを
今回我々の眼前で見せたように、
ボルトにも限界があり、トップであり続けようとすれば、
いつか「不調」や「ケガ」などと戦わなければならなくなる時が来るでしょう


ですから、逆に言えば、世界一を争うこの大会で、
悪くてもベストを5~6%下回るだけで、
できるだけベストに近い体調とパフォーマンスが実現できる(しようとする)
世界のトップ選手達に拍手を送りたい
と思います。
さらに言えば、2年前の大阪などの大会において、あるいは日常の関係の中で
そうした選手の努力にトレーナーとして協力できることを誇りに思っています。


男子10000m決勝で、やはり強かったケネニサ・ベケレ選手と、
最後の1周までハイペースで逃げ続けたエリトリアのゼルゼナイ・タデッセ選手は
素晴らしかったと思います。
(3位のケニアのマサイ選手も26分台ですから、これも素晴らしい。)
一方、夏でもちょっと気候が良ければ
26分台で走ることが当たり前になってきた世界大会の10000mで、
日本の各チーム・各選手にはせめてアメリカチーム(6位と8位)とは戦えるよう
強化のために抜本的な改革・対策を始めて欲しいと思います。

女子100m決勝では、
そのフォームからアメリカのジーター選手に注目していたのですが、
準決勝で好調ぶりを示したシェリー-アン・フレーザー選手が優勝し、
カーロン・ステュワート選手が追い込んで2位になりました。
昨日書いた『スプリント技術について』ですが、
シェリー-アン・フレーザー選手はいわゆる「脚が流れ」気味なのですが優勝し、
一番フォームが良いと私の考えるジーター選手は3位で、勝てませんでした。
そこが、技術論の難しいところですが、
動きの効率がいいはずの選手よりも
効率に問題がある選手の方が速く走れるということは、
まだまだ、女子の短距離は男子に比べると記録の伸びる余地がある
と言うことで、
フローレンス・ジョイナーの世界記録も破れるということでもあると解釈できます。

シェリー-アン・フレーザー選手は
骨盤~上体が前に倒れ、脚が後ろに流れるのですが、
脚を前に引き出すスピードが速いことが優れていて、
スチュワート選手よりもやや早めに疲労して減速が始まるのですが、
100mならぎりぎりゴールまでもったと言うことでしょう。
より長身で効率の良いフォームで走る選手が記録を伸ばしてくると
フレーザー選手は同じフォームで勝つのは難しいと思います。

また、スプリントだけでなく、
長距離種目においても技術的には共通するところが多くなっている
と思います。
それだけ、長距離種目でのスピードが上がってきたということだと思います。
前皇帝ハイレ・ゲブレセラシエ選手であれば、
まさにスプリントの技術として書いたことがすべて当てはまります。
ところが、現皇帝ケネニサ・ベケレ選手には、やはり当てはまるとは言い難い。
それなのにあそこまで速いと、もはや怪物と言ういうしかありません。
でも、長距離種目を目指す中高生達に、
ゲブレセラシエ選手のフォームの大切なポイントを真似させることはできると思いますが、
ベケレ選手のフォームは真似させない方が良いと思います。


※1 生活上5%もパフォーマンス低下

営業で販売金額が5%以上上下することは当然あるであろうが、
ここで言うパフォーマンスとは経済・政治などの社会的な外部要因に
影響を受ける活動ではなく、
あくまで生物として精神・肉体活動上のパフォーマンスということ。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

ケニア人ランナーの身体の特徴
前回は、世界一流ランナーの筋肉の『質』について
感じていることを書きました。
ワンジル選手の筋肉も、特殊ではないと
私は信じています。

では、日本人ランナーと違っているところはないのか?
違っているとしたら何が違うのか?

これについては、ケニア人ランナ-を観たことがある人なら、
想像できる範囲のことではありますが、
やはり、筋肉の付き方が違う、体型が違うと言うことは、
はっきりとした特徴と断言できるでしょう。

日本人ランナーに比べて、
ワンジル選手始めケニア人ランナーは、
肩や臀部や太腿の付け根、体幹の筋肉にボリュームがあります
。         ※1
つまりは、そうした部位の筋をよく使って走っているということです。
これらの部位をマッサージすると、
表層の大きな筋は、割合に短時間で柔らかくほぐれてきます。
ただし、深層の小さい筋群は、硬くなっていると、               ※2
そう簡単にはほぐれないこともあります。

一方、膝下(下腿)や肘から先(前腕)は細く長い形状をしています
こうした筋の付き方、身体の形状の特徴は、
股関節や肩などの大きな筋力を発揮できる部位で、
ランニングの為のより大きなパワーを生み出し

体幹はしっかりとした筋により安定性が高く
それによって股関節と肩のパワーを上肢・下肢の間や
地面と身体重心の間で効率よく伝えることができ、
膝や肘の先は長く軽量化することで、
脚の先端の回転スピードやパワーを上げやすくなってます

つまり、このようなケニア人ランナーの身体の形状は、
エネルギー効率のよいランニングを可能にする特徴をもっていると言えます。


※1 臀部の筋
臀部(お尻)の筋とは、表現を変えれば股関節の後方にある筋群のことで、
股関節の伸展、外転などランニングにとって最重要な働きをする。


※2 深層の小さい筋群
股関節の後部には梨状筋など、小さいが大切な働きをしている筋群がある
これらの筋は、全て股関節の外旋運動を担っている。
これらの筋が疲労などで硬く短縮すると、
股関節は外旋したままで、内旋しづらくなる

つまり、つま先・膝が外向きのままになりやすい。
仰向けに寝て脱力した時、つま先が外に開き、
座って脱力した時、膝から外向きに開きやすくなる。
これは、良い兆候ではない。


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

北京五輪陸上ブラジル代表 杉町マハウ選手頑張れ!
昨日、読売新聞の群馬版で、うれしい事実を知りました。

日系ブラジル人の杉町マハウ選手が、
ブラジル代表として北京オリンピックの陸上400mハードルに出場すること、
その激励会(壮行会)が7月30日に都内で開かれたという記事があったのです。

杉町マハウ選手は、
6月28~29日に行なわれたブラジル陸上競技選手権の400mHに出場し、
決勝で北京オリンピック参加標準記録Aを破る
49秒15というタイムで優勝したことで
北京オリンピック出場権を得たということですが、
当時私はそのニュースを目に(耳に)することが無かったので、
昨日初めて知りました。


私は、トレーナーとして関わったことのある選手のことを、後々まで気にしています。
杉町マハウ君とはトレーナーとして関わったことは
ほんの数えるぐらいの回数しかありません。
しかし2005年の国体群馬県予選会で
大会トレーナーとしてマハウ君のケアをし、
同年の岡山国体マハウ君は群馬県代表選手として
私は群馬チームトレーナーとして参加した時から、
彼がオリンピックのブラジル代表を目指していることを聞いていたため、
応援する気持ちでずっと気にしていました。

実は彼は、岡山国体の400mHの予選で
ゴール時に足首を捻挫してしまいました。
私は、連絡を受けるとすぐに彼をサブトラックにある
日本陸連トレーナー部
(僕もここに登録しています)の運営する
トレーナーステーション」に運びました。
RICE処置なら僕にもできます。
しかし、そこには優秀なトレーナー仲間達と優れた電気治療機器があり、
その力を借りることで僕個人の力でできること以上のケアが
できることが期待できるからです。

結果から言うと、
怪我をした予選当日と翌日の決勝までの時間
懸命にケアをしましたが、
マハウ君は決勝を棄権せざるを得ませんでした。
その年彼は好調で、
自信をつけるような順位とタイムを残すチャンスだったと思うのですが、
それは捻挫の癒えた後に期待するしかありませんでした。

私自身は、その後マハウ君と関わる機会がなかったのですが、
ずっと気にしていました。
ずっと応援していました。
ですから、北京オリンピック出場を勝ちとったことを
心から祝福し心から喜んでいます。


岡山国体の時の群馬県陸上チームには、
マハウ選手のお兄さんの杉町カウエ選手(当時日大)も
成年の部の1500mの選手として加わっていました。
実はカウエ君は高校(常磐高校)1年生の時も
少年Bの800mの群馬代表として国体に出場し、
その時の群馬チームのトレーナーも私が務めていました。

そのカウエ君に続き、マハウ君も
群馬の常磐高校に入学(家はお隣の栃木県足利市にあった)して陸上競技をやったので、
私も杉町兄弟をあるいは外から眺め、
数少ないが時には体のケアをし、
時には言葉を交わしてきました。
そこで感じるのは、とにかく杉町兄弟は礼儀正しく真面目な好青年達であり、
そんな彼らに頑張って欲しい。
それは多分彼らに関わったことのある群馬県の
陸上関係者共通の気持ちではないかとさえ思います。

北京オリンピックでは、何てったって断然杉町マハウ選手を応援します!


↓この記事に共感したり役立つと思った方は、クリックにご協力ください

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ



FC2カウンター



プロフィール

フィジカル系職人

Author:フィジカル系職人
職業:マッサージ・鍼治療院経営
   アスレティックトレーナー
生息地:群馬
本名:佐藤 暢彦

身体のこと、治療のこと、スポーツのこと、などなど。日頃考えていること、興味を持っていることについて、書いていきたいと思います。

このブログについて:更新作業は治療室内のMacで行なっていますので、早朝や深夜、休業日の木曜に更新されることは基本的にありません。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。